空き家・空地の適正な管理及び有効活用

ご挨拶

我が国は戦後の焦土から奇跡的な復興をとげ、高度成長期~安定成長期と世界に類を見ない経済発展を経てバブル景気の崩壊を迎えるに至り、超長期にわたる平成不況に突入し現在に至っております。その不況対策として、1999年には「ゼロ金利政策」が打ち出され、更に2001年には「量的規制緩和」が実施されたものの、その景気浮揚効果は小さいものでありました。

その後の小泉政権では「市場原理」を重視した「小さな政府」への回帰を目指した構造改革がすすめられ、ようやく2006年には実質経済成長率が2.2%と景気回復の兆しを見せたものの、「サブプライムローン問題」が表面化し、2008年の「リーマンショック」により世界的な不況に再び飲み込まれます。

2012年に誕生した第二次安倍内閣では、「アベノミクス」と評される経済政策(三本の矢=①機動的な財政支出、②大胆な金融緩和、③成長戦略)がデフレ脱却を大きな目的として実施されましたが、脱却への出口はまだ見えておりません。むしろこうした「市場原理重視」の政策は「日本型企業システム」の転換を進める事になり、終身雇用にかわり非正規雇用が増大し、年功序列型賃金制に代わって成果主義を採用する企業が増える事となりました。

その結果、我が国はかつての「一億総中流社会」から地域格差・所得格差などの格差社会を生み出すと言う大きな問題を抱える事になりました。

私共は北東北と言う地域の直面する諸問題を直視し、微力ながらも私共の出来る事から一歩一歩ながらも歩みを進め、地域の活性化に貢献したいと考えております。

 

平成29年10月01日

 

北東北地域支援協議会
会長    山本 幸一

お気軽にお問い合わせください TEL 0172-88-8676

PAGETOP
Copyright © 北東北地域支援協議会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.