デジタルカメラで撮影した青森県津軽地方の風景

相馬禍転の碑




相馬禍転の碑




低気圧による集中豪雨。青森県弘前市相馬(当時中津軽郡相馬村)、昭和50年8月20日。平穏な相馬村に、突如として集中豪雨が襲った。雨量は230mm。中小河川が大洪水に見舞われ、決壊、溢水し、流出家屋6戸など道路、水路、農林関係が甚大な被害を受けた。幸いなことに人的被害は少なかった。この災害を記録した石碑に「転禍為福」の碑文を刻み過去の水害に際しての教訓を記した




PAGETOP
Copyright © 新津軽八景 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.